資産形成の考え方

資産形成の考え方

今後、日本は投資対象になりうるのか?

シン・ニホンというヤフージャパンCSOの安宅さんという人が作成された、日本の再生と人材育成に関するレポートがあります。世界における日本の現状と提言が纏められていて大変興味深いレポートでした。と同時に日本という国に提言を実行できる度量があるのか?という懸念も抱きました。
資産形成の考え方

【年末年始の株式市場大暴落から急回復】 改めて積立投資の威力を目の当たりにできた。

年末年始の大暴落から現在は大暴落前水準まで急回復しました。結果的に、愚直に積立投資を行ったのが思った以上に報われた形となりました。今回の経験は改めて積立投資を続けていくことへの自信になります。
資産形成の考え方

今後も給料が上がる見込みが薄いサラリーマンは、「株主」になり資本主義の恩恵を受けよう。

各社値上げ報道が盛んに報じられています。残念ながらこの流れに所得が連動していません。加えて増税も控え生活が苦しくなっていきます。対抗策として、サラリーマンでありながら同時に株主にもなり、資本主義の恩恵を受けることが大事です。
資産形成の考え方

個人投資家は株式市場に惑わされずに、ひたすら愚直に積立し続け、未来を勝ち取ろう。

株式市場がどうなるのかは誰にもわかりませんので確信犯で無視します。結局は自分のペースで積立し続けることだけでしかありません。そして、どういう市場環境になっても、退場せず積立し続けましょう。この愚直さが、最終的に未来への恩恵をもたらします。
資産形成の考え方

2019年投資の方向性とブログテーマ

株式市場ですが、年末から年始にかけて荒れに荒れた相場になっています。しばらく乱高下が続く相場を続くと見られます。要因は複雑に絡み合っており、個人投資家がこの流れを読むことは不可能なので、やるべきことは、いい意味で割り切って積立投資を続けていくことですね。
資産形成の考え方

【ボーナスステージ到来】積立投資は暴落している今こそ、本領発揮!

2018年年末の株式相場は乱高下の激しい状況になっています。ドル平均コスト法などで積立投資をしている方は、今こそ本領を発揮する機会が訪れたと考えてください。ボーナスステージ到来です。
資産形成の考え方

複利の恩恵を最大限享受するために、いろいろなチャレンジを通して資金を稼ぎ、そして投資し続けよう

今年は特に集中的に所有株の配当や楽天経済圏による得たポイント投資やメルカリ、その他の方法で得られたお金などを愚直に積立投資へ振り向け続けました。そうすると自分でもちょっと驚くくらいの積立資金になっていました。これを習慣化させたいですね。
投資信託

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」に投票しました

毎年恒例の「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」。非常にレベルの高い投資ブロガーたちによる投票により、優良ファンドが選ばれます。こちらを押さえておくのは必須です。
資産形成の考え方

溢れる情報に惑わされないために、金融リテラシーを身につけよう

資産形成の手段である、投資について多くの情報で溢れてかえっています。 金融商品1つとっても無数にあり、どれを選択して運用するのか。ものすごく迷いますよね。 自分もいろいろ痛い目に合いましたが、それが今の経験に活きていると実感しています。 大事なのは、ひたすら実践と勉強を継続することです。
資産形成の考え方

資産形成には、これまでの「当たり前」に疑問を持つことからはじめる。

日本はなんだかんだ言っても世界トップクラスの国でしたので、これまで何とか辻褄を合わせて来れたんだと思いますが、これからは日本の国力は確実に、そして格段に落ちてきます。これまでとは全く違う世の中になるということです。そうすると、これまでの「当たり前」の前提を疑っていかなければなりません。