楽天

楽天

楽天通常ポイントは日々コツコツ貯め込みながら、暴落・調整局面の投入資金として使ってみる

月々、つみたてNISAやiDeCoなどで積立投資をしながら、世界市場のリセッションの動きもちらほら聞こえてくる状況で、暴落局面で買い増しする資金がなかなか用意できない人も多いのではないでしょうか。それを楽天ポイントをコツコツ貯めながらタイミングを待ち続けましょう。
楽天

支出を変えずに、楽天経済圏(楽天ポイント)をフル活用してお得に生活しよう。

楽天スーパーポイントで一番の魅力は何と言っても、貯まったポイントで投資信託が購入できることです。生活が精一杯で、投資資金を確保するのは難しいよという方は支出自体は変えなくても、無料の「楽天カード」を作って買い物は1回のカード払いに集約するだけで、毎月1%のポイントが貯まります。それに必需品を楽天経済圏のポイントアップセールを組み合わせて購入するとポイントがガンガン貯まります。
マネー

【朗報】あの松屋でpaypay・楽天payが利用可能に! 

あの松屋がQRコード決済対応を始めました。それにより、PayPayやLINE Pay、楽天ペイ、Alipay、WeChat Payといったサービスを使うことが可能になりました。楽天経済圏の人間としては、楽天ペイをメインに利用していこうと思います。
投資手法

「ポイント運用 by 楽天PointClub」ポイント数上限が撤廃。長期視点のポイント運用で所得控除による非課税メリットを享受できる可能性大

先日ご紹介した、「ポイント運用 by 楽天PointClub」ですが、2コースのポイント上限が撤廃されました。ポイント課税の定義が定まっていませんが、所得控除による非課税メリットを享受できそうです。
楽天

新登場!「ポイント運用 by 楽天PointClub」+ローソン銀行がコンビニで投信販売予定。

今年に入り、投資に関連したビックニュースが目白押しです。 背景には、投資環境が整備されたことが大きいと思いますが、異業種を含め新しいサービスが続々登場しています。 その流れで、10月3日付で、楽天からまた新しいサービスが発表されました