【PayPay】 Yahoo!プレミアム会員なら5回に1回の当選確率キャンペーンを終了

マネー

アロエンです。

 

スマホ決済サービスのキャンペーンが大盛り上がりです。
LINEPay、PayPay、オリガミPayといったところが大盤振る舞いのキャンペーンを展開し、熾烈なプラットフォーム獲得戦争を行っています。

個人としては、楽天Pay、PayPayをメインに使っています。
楽天Payは楽天経済圏のヘビーユーザーとして、主に期間限定ポイントをコンビニをメインに利用しています。
PayPayは第2弾100億円キャンペーン中で20%還元はもとより、5回に1回やたら当たるくじにハマっており、ここ最近はずっとこちらばかり使っている状態です。

最近の戦績も2回連続で全額還元に当たり、完全に中毒状態になっています。
そんな中、リリースが飛び込んできました。

スポンサーリンク

Yahoo!プレミアム会員なら5回に1回の当選確率キャンペーンを終了

スポンサーリンク

 

 

2019年2月12日(火)より開催しております「Yahoo!プレミアム会員ならPayPay決済利用毎に抽選にて5回に1回の確率で最大1,000円相当戻ってくるキャンペーン」(以下「本キャンペーン」)は、3月8日(金)20時に終了いたします。

なお、「PayPayのお支払いなら10回に1回の確率で最大1,000円相当戻ってくるキャンペーン」は継続いたしますので、引き続き「やたら当たるくじ」をお楽しみください。

 

携帯キャリアがソフトバンクということから、たまたまYahoo!プレミアム会員となり、5回に1回当選キャンペーンを体感していますが、これ意外と当選確率が高いです。5回に1回なので25%の当選確率ですが、
個人の成績だと、10回中4回当たっていますので40%です。
買い物に楽しみ要素が増していたので、3月8日(金)20時終了リリースはとても残念です。

終了理由はキャンペーンで付与した景品総額が景表法上の限度額に達するため

スポンサーリンク

 

 

<終了理由について>

Q:なぜ終了するのですか?
A:本キャンペーンにて付与した景品総額が景表法上の限度額に達するためです。

この辺について、消費者庁のHPを見ると、

懸賞とは、どのようなものなのでしょうか。

「懸賞」とは、抽選やじゃんけんなどの偶然性、クイズなどへの回答の正誤、作品などの優劣の方法によって景品類の提供の相手方又は提供する景品類の価額を定めることをいい、景品類を提供する「懸賞による景品類の提供に関する事項の制限」(昭和52年公正取引委員会告示第3号)により提供できる景品類の最高額、総額などが規定されています。「懸賞」のうち、一定の条件の下で複数の事業者が共同して行うものは「共同懸賞」、それ以外の懸賞は「一般懸賞」と呼ばれています。

一般懸賞においては、提供できる景品類の最高額及び総額が定められており、景品類の最高額については、取引の価額が5,000円未満の場合は取引の価額の20倍まで、5,000円以上の場合は一律10万円までとなります。また、景品類の総額については、懸賞に係る売上予定総額の2%以内とされており、最高額及び総額両方の制限内で行わなければなりません(下表参照)。

上記を見て、今回のキャンペーンで「懸賞に係る売上総額」に何が該当するのかなと思ったのですが、

本キャンペーン終了に伴い、以下に該当するお客様については、2019年3月度のYahoo!プレミアム月額料金を無料とさせて頂きます。
・2019年2月4日0:00以降、2019年3月5日9:30までにYahoo!プレミアムに入会し、2019年3月分としてYahoo!プレミアム月額料金462円(税別)が発生するお客様

どうやらYahoo!プレミアム月額料金の総額のようです。こちらの総額の2%に達するためキャンペーンを終了するようです。

ただ、10回に1回の確率で最大1,000円相当戻ってくるキャンペーンは継続するため、
当然こちらも対象になるはずなので、ある程度の余力を残して早めに閉めておくということなんでしょうか。

10回に1回も嬉しいのですが、5回に1回という結構絶妙な感じがよかったのですが…。
とはいえ、あと2日ありますので、できるだけお得に楽しみましょう。

 

それでは。

スポンサーリンク

 

 

楽天通常ポイントは日々コツコツ貯め込みながら、暴落・調整局面の投入資金として使ってみる
今後、日本は投資対象になりうるのか?
支出を変えずに、楽天経済圏(楽天ポイント)をフル活用してお得に生活しよう。
初心者でも積立投資で手堅く資産を形成する方法(1)
【PayPay】 Yahoo!プレミアム会員なら5回に1回の当選確率キャンペーンを終了

 

 

コメント