投信ブロガーが選ぶ!「Fund of the Year 2018」の No.1は、なんと一番推しの「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」でした。

投資信託

アロエンです。

 

1/13に「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」の結果発表がありました。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018

 

私も初めて11月に投票させていただきました。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」に投票しました
毎年恒例の「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」。非常にレベルの高い投資ブロガーたちによる投票により、優良ファンドが選ばれます。こちらを押さえておくのは必須です。

 

スポンサーリンク

 

 

その結果は、
当ブログでも一番推している「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」がNO.1になりました。

 

事前予想では、
2017年に2位だった「ニッセイ外国株式インデックスファンド」が従来の人気の高さに加え、eMAXIS Slim先進国株式に対抗同率値下げしたインパクトからも、今回の1位は固いかなと考えていましたが、前回12位だった、eMAXIS Slim先進国株式が一気に1位に躍り出た結果には流石に驚きました。

 

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year2018」の結果は下記の通りになっています。

 

第1位:eMAXIS Slim 先進国株式インデックス(得票数177票)

第2位:ニッセイ外国株式インデックスファンド(得票数127票)

第3位:eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)(得票数は103票)

第4位:楽天・全米株式インデックス・ファンド(得票数86票)

第5位:eMAXIS Slimバランス[8資産均等型](得票数68票)

第6位:セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(得票数67票)

第7位:Vanguard Total World Stock ETF(VT)(得票数57票)

第8位:eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)(得票数49票)

第9位:楽天・全世界株式インデックス・ファンド(得票数46票)

第10位:eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)(得票数34票)

 

第11位以降 

※有効総投票者数:241名(前回198名)、有効総ポイント:1,188

eMAXIS Slimシリーズが大躍進!

スポンサーリンク

 

 

スリム先進国を始め、3位に入ったオールカントリー、5位スリムバランス、

8位S &P500、10位全世界株(除く日本)と上位10のうち5銘柄がランクインしています。

逆に、ニッセイ外国株式は伸び悩みました。純資産1,000億円という規模からも代表的なファンドであることは間違いありませんが、去年の謎の指数との乖離問題などが足を引っ張ったかもしれません。

それと、去年1位だった、楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VT)が9位までランク落ちしました。これは運用報告書で発表された、信託報酬以外の実質コストが予想よりも高かったことが原因と思われます。とはいえ、バンガード社のVTというブランド力は大きな魅力ですので、楽天VTI共々純資産は今後も増えていくことでしょう。

 

今回のスリムシリーズの勝因として、

やはり驚異の信託報酬の値下げに加え、他がそれ以上に下げても即追随して、常に最安値のコストであり続けるという部分が大きいと思います。

純資産額もスリム先進国は300億円超えが目前で、今回の発表でスリムシリーズに資金が流入してきます。純資産が増えれば、さらにコストが安くなりますので、我々個人投資家にとってもメリットが大きいです。
そして、これからも安心して長期積立できるファンドです。

どのファンドがいいか迷った時は、投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year2018の上位銘柄を選べばOK!

スポンサーリンク

 

つみたてNISA、NISA、iDeCoなど非課税制度をフル活用し、長期資産形成するうえで、ではどれを購入すればいいか?という迷いが出てくると思いますが、ほぼ最適解に近いのが、投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year2018にランクインした商品を選ぶことです。

ここにエントリーするブロガーたちは非常に目が肥えたレベルの高い方々なので、その人たちの投票によりランクインしたファンドはほぼ優良なものばかりです。迷ったときは、こちらを押さえておけばOKです。

 

それでは。

 

スポンサーリンク

 

楽天通常ポイントは日々コツコツ貯め込みながら、暴落・調整局面の投入資金として使ってみる
今後、日本は投資対象になりうるのか?
支出を変えずに、楽天経済圏(楽天ポイント)をフル活用してお得に生活しよう。
初心者でも積立投資で手堅く資産を形成する方法(1)
【PayPay】 Yahoo!プレミアム会員なら5回に1回の当選確率キャンペーンを終了

 

 

コメント