2019年投資の方向性とブログテーマ

資産形成の考え方

アロエンです。

 

年をまたいで久しぶりの更新になってしまいました。
改めて明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

2018年はブログを始め、仕事以外に、初挑戦したものがいくつもあり色々経験できた1年でした。
とはいえ、中途半端になっていた感も否めず、今年は始めた事柄をブラッシュアアップすることにも意識していきたいと思います。
本ブログも2018年よりも質・量を高め、投資ネタをメインにしつつ、他にも参考になる情報をいろいろお伝えできるように努めていきますので宜しくお願い致します。

スポンサーリンク

 

 

株式市場ですが、年末から年始にかけて、荒れに荒れた相場になっています。
今日も、今朝のNYダウの急反発に連動し、日経平均も20,000円台を回復しましたが、しばらく乱高下が続く相場を続くと見られます。
要因は複雑に絡み合っており、個人投資家がこの流れを読むことは不可能なので、やるべきことは、いい意味で割り切って積立投資を続けていくことですね。

米国、先進国インデックス投資のススメ

スポンサーリンク

 

 

年始から株式市場は振れ幅が大きく、2019年はリセッション(景気後退)局面になるのではという論調も出てきています。2018年末から株価は急落しており、現在バーゲンセールと言える場であることも確かですが、今が底なのかあるいは、さらなる下落のほんの序章に過ぎなかったのかどうなるかは誰にもわかりません。

こういう場面では、個別株に手を出すのはリスクが高いので、投資信託、ETFといった複数銘柄で構成されるインデックスファンドをメインに運用していくことをオススメします。

私個人は、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスメインで運用しています。

 

「つみたてNISA」、「iDeCo」の月5万円積立投資を推奨

2019年も引き続き、つみたてNISAとiDeCoの非課税枠制度を優先した積立投資はオススメして行きたいと思います。

投資の運用益や配当に通常20.315%の税金がかかります。こちらが非課税になるのは非常に大きなメリットなので、これから投資をする方はつみたてNISAとiDeCoは最優先検討事項にしていただければと思います。

 

つみたてNISA:年40万円の枠を、2018年~2038年までの最大20年間(最大800万円)非課税で運用できる制度です。その間売却も可能です。

つみたてNISAは資産形成には必須
「つみたてNISA」は資産形成する上でぜひ利用したい制度です。購入投資信託はeMAXIS Slim 先進国株式インデックスで決まりです。

 

iDeCo(イデコ):個人型拠出型年金の名前の通り、60歳以降に受け取れる個人年金になります。
一般サラリーマンは月額12,000円~23,000年まで拠出ができます。こちらの最大のメリットは掛金が全額控除の対象となり節税効果も享受できることです。デメリットとして、一度始めると金額を変更することは可能ですが止めることができません。

iDeCo(個人型確定拠出年金)はデメリットも押さえつつ、自分の状況に合わせて判断した方がいいです。
認知度が高まっているiDeCo(個人型確定拠出年金)。メリットばかり強調されていますが、デメリットも押さえつつ、自分の状況に合わせて判断した方がいいです。

 

iDeCoはしっかり考えた上で加入してもらった方がいいと思いますが、つみたてNISAはデメリットは特にないので、月額33,333円というところからも取り組みやすいところだと思います。

楽天ポイント投資やクレジットカード、スマホ決済の還元サービスなどの積極的活用とご紹介

スポンサーリンク

 

 

2018年最大のインパクトを与えた、楽天ポイント投資と楽天カード決済投資はフル活用していきたいですね。

楽天証券、ついに「つみたてNISA」でもポイント利用が9月30日から可能に!
楽天証券が「つみたてNISA」などの積立投資でもポイント利用が9月30日から可能になります。積立投信のポイント利用をとおして、身銭を切らずに、少しのポイントでもコツコツ投資へ回す。これによって無理のない形で長期での資産形成を図れます。

 

衝撃朗報! 積立投資に楽天カード決済で1%ポイント還元されます。2018年10月27日スタート!
2018年10月27日から、積立投資に楽天カード決済が可能になり、1%の楽天スーパーポイントの付与を受けることができます。 2,500種類の投信商品が対象で、低コストファンドも対象に入っているので、この場合実質信託報酬が無料になるということになります。

 

その他、年末の話題をさらったpaypay(ペイペイ)やkyash(キャッシュ)など新しいサービスが登場しましたが、今年は決済系の還元サービスがさらに盛り上がってきます。

年々、情報リテラシーの差が大きくなってきており、しっかり情報をキャッチしているかどうかが大きな差になっていきます。本ブログでもできるだけこの辺の情報をご紹介していきます。宜しくお願い致します。

 

それでは。

スポンサーリンク

 

 

楽天通常ポイントは日々コツコツ貯め込みながら、暴落・調整局面の投入資金として使ってみる
今後、日本は投資対象になりうるのか?
支出を変えずに、楽天経済圏(楽天ポイント)をフル活用してお得に生活しよう。
初心者でも積立投資で手堅く資産を形成する方法(1)
【PayPay】 Yahoo!プレミアム会員なら5回に1回の当選確率キャンペーンを終了

 

 

 

コメント