【家電購入、国内外旅行予定の方必見】PayPay(ペイペイ) が総額100億円、常識外れの決済20%還元キャンペーンを開始予定

マネー

アロエンです。

 

ソフトバンクとヤフーの合弁会社であるPayPay(ペイペイ)は、バーコードやQRコードを使って決済ができる新たなスマホ決済サービスを生業とする会社です。

国が現在積極的に進めているキャシュレス決済化の流れに合わせ、常識外のキャンペーン打って出ました。

 

期間:2018年12月4日(火)~2019年3月31日(日)

「100億円あげちゃうキャンペーン」PayPayで支払ったら20%戻ってくる!

これは、キャンペーン期間中にPayPay加盟店にてPayPay決済で、決済利用金額の20%のを還元されるもので、付与上限は一人月額50,000円です。

今回のを最大限利用すると、月額25万円×4ヶ月で、キャンペーン期間中最大100万円で20万円還元ということになりますね。

 

スポンサーリンク

 

しかも、抽選で全額(10万円相当まで)が戻ってくるというオマケ付き。

ソフトバンクユーザーでしたら、1/10の確率ですからね。大判振る舞いです。

注意点としましては、PayPayの負担する還元金額が100億円に達した場合、本キャンペーンは途中終了するということですね。

 

PayPayが使えるお店は?

 

スポンサーリンク

 

 

ここまでのキャンペーンだと、あっという間に上限の100億円に行ってしまうかもしれませんね。

できるだけ早めに高額商品購入に活用したいところです。

それでは、そのPayPayを利用できる店舗というと…うーん。全然モノ足りないですね。

ただ、近日対応予定のお店のファミリーマート、HIS、ヤマダ電気、エディオンあたりだとかなり使えそうですね。大型家電や旅行はかなり需要がありそうです。

年末年始商戦に向けて活用し、還元された分は投資原資へ回しましょう。

 

また今回の本丸キャンペーン前ですが、下記のような登録プレゼント企画も実施中です。

 

 

かつての「ヤフー!BBのモデム無料バラ撒き」手法の再現か?

 

スポンサーリンク

 

 

先に述べたように、国としてキャッシュレス決済を推進していく流れの中で、すでに楽天Pay、Amazon Pay、LINE Payといった大手企業が日々覇権を競っています。

今回のPayPayのような後発組がシェアを掴み取るためには、これくらいのことをやらないと難しいという判断があったと推測されます。

実際ソフトバンクとヤフーはかつてヤフーBBのモデムを無料でバラまくという奇想天外な手法で、市場シェアをガッチリ掴んだ実績があります。

ここからのPayPayの反転攻勢が楽しみです。

 

キャッシュレス決済では、KyashVisaカードもおすすめです。

KyashVisaカード+楽天カードで計3%(キャシュバック、ポイント)還元を投資原資にしよう
今話題になっている「KyashVisaカード」(キャッシュビザカード)。これをリアル店舗などでカード決済に使用すれば、 KyashVisaカード還元率2%+楽天カード還元率1%=合計還元率3%(キャシュバック2%+楽天ポイント1%)になります。

 

それでは。

 

スポンサーリンク

 

コメント