【基本】投資信託購入後の2つの運用方式とは?

投資信託

アロエンです。

 

前回、投資信託購入の際に発生する「コスト」についてご紹介しました。

【基本】投資信託を購入する際に発生する「コスト」について、押さえておくポイントとは?
昨今の投資環境の向上によって、投資信託メインで資産形成を図っていくことが一つの最適解になりました。 改めて投資信託を購入する際の「コスト」についての基本ポイントを押さえておきたいです。

 

一般的に、我々投資家は投資する際、目論見書などを確認しながら購入商品を決め、証券会社などの窓口で購入、約定して一息という流れです。

購入後、証券会社などへ預けた投資資金を元に、運用先が株や債券を購入運用するわけですが、

主に2つの運用方式に則って進めています。

スポンサーリンク

「ファミリーファンド方式」と「ファンド・オブ・ファンズ方式」

ファミリーファンド方式とは?

※eMAXIS Slim 先進国株式インデックス目論見書より引用

この「ファミリーファンド方式」は、「ベビーファンド」「マザーファンド」がありまして、投資家から販売会社を通じて、投資信託(ベビーファンド)を注文します。そこから、運用対象となる株式や債券に投資する「マザーファンド」へ発注されます。

子から親へという流れから「ファミリーファンド方式」と呼ばれています。

 

「ベビーファンド」:投資家が直接購入するファンド。現金・分配金・為替ヘッジどの管理をおこなう。株式や債券などの直接運用せず、代わりにマザーファンドへ投資する。

 

「マザーファンド」投資家が直接購入することはできない。ベビーファンドが集めた資金で、株式や債券に投資する。

 

「ファミリーファンド方式」のメリット

として運用管理の効率化や規模のメリットが得られ、資金をまとめることで、投資する際の売買コストの削減効果も高まる点が挙げられます。

「ファミリーファンド方式」のデメリット

同じ運用会社で設定された投資信託間でしかおこなえない。

 

スポンサーリンク

 

ファンド・オブ・ファンズ方式とは?

※セゾングローバルバランスファンド目論見書より引用

 

続いて「ファンド・オブ・ファンズ」とは、

複数の「投資信託」を組み入れる投資信託のことです。通常一般的な投資信託は、株式や債券を購入しますが、「ファンド・オブ・ファンズ」は複数の「投資信託」を購入しています。

「ファンド・オブ・ファンズ」のメリット

一般的な投資信託は株式や債券を購入することで運用の安定性を高めていますが、この「ファンド・オブ・ファンズ」は様々な株式・債券を購入した投資信託を複数購入することで、より分散効果が効き運用の安定性が高まります。また、いろいろな種類の投資信託を購入することが可能なことから、組み合わせ如何で、高い運用リターンを目指すことなどもできます。

「ファンド・オブ・ファンズ」のデメリット

その一方で、「ファンド・オブ・ファンズ」を購入するということは、実質的に投資信託を二重に購入するということになり、それらの投資信託の信託報酬等の費用がかかることから、実質的な信託報酬が一般の投資信託より割高になる傾向があります。

 

インデックス投資家は、コスト面からもファミリーファンド方式のファンドを購入すべし。

どこの部分を重視するかになりますが、

コストをできるだけ小さくするインデックス投資メインで運用していることから、ファンド・オブ・ファンズはどうしても信託報酬等コストが割高になってしまう点にデメリットを感じてしまいます。

とはいえ、今人気の主要ファンドは、ファミリーファンド方式がメインなので、そう気にせずとも良いかもしれませんが…。

ただ、このファミリーファンド方式のマザーファンド、ベビーファンドそれぞれの金額の大きさによって、指数(インデックス)との乖離が上下するので、マザーファンド、ベビーファンドの規模については、毎年作成される運用報告書で確認したほうがいいです。

 

投資信託という金融商品は、購入後ファンドマネージャーに運用を委託する形態から、その先は意外と関心を払わずにそのまま…ということも多いと思います。今回基本的な部分だけですが、こういう流れになっているのかくらいでも参考にしてもらえれば幸いです。

 

それでは。

コメント