投資信託でつみたて投資している人は、年1回、リバランス(メンテナンス)をしよう

リバランス

アロエンです。

 

日々、コツコツと投資信託をメインにつみたて投資をしていますが、

年に1回は「リバランス」という見直しメンテナンスを実施することが

投資効率を高めることに繋がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「リバランス」とは?

  1. リスク資産と安全(無リスク)資産のリバランス
  2. 保有資産内部のリバランス

の2種類があります。

 

一般に、

リスク資産:株、債券、FXなどの元本変動がある資産

安全(無リスク)資産:預貯金や国債などの元本+収益保証資産

と定義されており、

例えば資産1,000万円ある場合、

リスク資産(投資信託)に700万円分購入し、残り300万円を銀行口座に預金で管理しました。

その1年後、リスク資産(投資信託)が700万円→800万円になった場合、

合計資産は1,100万円になりますが、

当初の比率のリスク資産:安全資産=7:3が、72.7:27.3となり配分比が変わってしまいました。

 

ここで、バランス比を当初の7:3に戻すためには、

・30万円分安全資産を追加するか

・30万円分投資信託を売却するか

のどちらかを選択することになります。

 

次に②保有資産内部のリバランスですが、私がiDeCoでは下記の比率で保有しています。

・eMAXIS Slim 先進国株式インデックス  85%

・eMAXIS Slim 新興国株式インデックス  15%

去年から始めたばかりなので、大した金額にはなっていませんが、

例えとして、上記合計資産100万とすると、

Slim 先進国株式インデックス :85万円

Slim 新興国株式インデックス :15万円

になりますが、

 

①と同様に1年後、Slim 先進国株式が100万円に上がった場合、

上記、85:15を維持するためには、

・Slim 新興国株式を2.25万円分購入

・Slim 先進国株式を15万円分売却

のいずれかの選択になります。

 

なぜ、リバランスが必要なのか?

それは、リスクを調整し、投資効率(リターン)を上げるためです。

リスクを取るほど得られる利益が大きくなる可能性がありますが、逆に損失が大きくなる可能性もあるので、どれくらいのリスク資産を持つかは、各人それぞれの判断になります。

もし、リスクを抑えたいのであれば、

まずは、リスク資産と安全(無リスク)資産をリバランスすることでしょうし、

保有資産内部であれば、株式だけでなく、債券を含めるなど全体のポートフォリオを調整することで、値動きを安定させることも可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リバランス時の注意点

先程のリバランスの方法として、

簡潔にいうと、

・少ない資産を追加購入する

・多い資産の一部を売却する

になります。

少ない資産を追加購入する場合が一番効率がよい方法ですが、

新規購入資金がかかることがネックとなります。

 

次の、

多い資産の一部を売却する場合は、

新規の購入資金がいらない代わりに、

・売却手数料がかかる

・売却益に対して、20.315%の税金が発生

というデメリットが発生します。

 

これらのデメリットと言われる要素があっても、

リバランスをしておいた方が、トータルではメリットの方が大きいと言われています。

 

年初だったり、誕生日月だったりそれぞれのタイミングで、

1年に1回はリバランスを図っていきましょう。

 

それでは。

コメント